トップページ > タイダイビング特集

タイ ダイビングの魅力

タイのダイビング

アンダマン海の魅力

タイのアンダマン海はインド洋に属していて、インド洋の固有種とアジアの海の生物や魚が混在しています。
そのため太平洋に属する日本の海では見られない魚や同じ種類でもインド洋バージョン、またアンダマン海で独自の進化を遂げたアンダマン海バージョンなどもいて大変興味深い海なんです。
カラフルなソフトコーラルや魚たちが見られるのもとっても魅力的です!特に外洋に面しているスミラン諸島は透明度抜群!
是非クルーズツアーに参加して、朝から晩までダイビング三昧を満喫してほしいです。

タイ湾に注目

サムイ島やタオ島がある”タイ湾”は、マレー半島とインドシナ半島に囲まれた閉鎖的な海域のため、他の海では見られないくらい同じ種類の魚が群れていたり、個体が大きかったりとちょっと不思議な雰囲気があります。 またなかなか近寄らせてくれない臆病なハゼ達が近くまで寄っても逃げない(笑)写真もばっちり撮らせてくれます! 湾内だからといって、大物が入ってこない、というわけではなく少し船を走らせたポイントには、ジンベイザメなどの大物の遭遇率も高いので、マクロ派にもワイド派にもぴったりです。

タイのダイビングスポット

シミラン諸島〜スリン諸島

インド洋に面したこのダイバーに憧れの島々は、透明度抜群!
大物がばんばん入ってくるポイントあり、カラフルなサンゴに 癒されるポイントあり、ダイナミックな地形ポイントあり・・とどんなダイバーのリクエストにもこたえてくれます。
(5〜10月の夏の時期は海域をクローズします)

タオ島

5月〜9月くらいまでがベストシーズン!
魚影が濃いのが特徴でマクロからワイドまで楽しめる海で、カメラを構えると飽きないです。
ジンベイザメの遭遇率が高いことでも有名。
≫≫タオ島の詳細

ラチャヤイ島

プーケットからスピードボートで40分程度のところにある島で海の透明度はとても高いです。
白い砂地とサンゴがとても綺麗で、流れもあまりないため初心者や体験ダイビングにお勧め。

ピピ島

特徴的なピピ島の島によくある切り立った岩壁は、実は水中にまで続いています。
地形ポイントとしても楽しいポイントが多いです。
サンゴやソフトコーラルも美しく魚影も濃いので、魚派&地形派にお勧め。
≫ピピ島の詳細

ヒンデン・ヒンムアン/コ・ハ

トラン又はランタ島からビッグボートで約3時間〜半のところにある隠れで、。【紫の岩と赤い岩】と言われるとおり、このポイントには紫や赤の美しい ソフトコーラルとそれに群れる魚が見られる、とっても鮮やかなポイント。
外洋に面しているため、流れが強いときもあるが、その分大物が現れる ポイントでもあります。
コーハーはタイ語で5つの島という意味で、5つの島に囲まれた流れもない潜りやすい海。
海の中は地形も面白く、洞窟の中に入っていったり チムニーに入ってみたり・・透明度も高いので泳いでいて気持ちがいいポイントです。

他の国・日本国内でのダイビングとの違い

快適なボート

日本国内では、日帰りのデイトリップが主で、クルーズ船に乗ってのダイビングツアーはほぼありません。タイではダイビングポイントまで少し遠いので基本ボートを使います。 とはいえ、国内のダイビングでよく使われているボートより、スピードボートもビッグボートもゆったりとした大きさでとっても快適!
日帰りのデイトリップもクルーズ船に乗ってのダイビングツアーも、日程やダイビング スタイルに合わせて選ぶことができる。

充実のアフターダイビング

ゆったりのんびりダイビング三昧のクルーズツアーは海外ならではの魅力。ダイビングの後は、タイならではの充実したマッサージやスパでゆっくりと体をほぐしすのはいかがでしょうか。おいしいタイ料理でのんびりお食事もおすすめ!

[プーケットのおすすめ]

スペシャルラグジュアリー
Villa Zolitude Resort and Spa【ZENSE SPA】


緑に囲まれた閑静な丘の上の人気ホテル、≪Villa Zolitude Resort and Spa≫内の【ZENSE SPA】でとっておきのスパタイムはいかがでしょうか。ホテルならではの豪華な施設と施術をぜひご体験ください。
≫オプション詳細ページ

[サムイのおすすめ]

タイ式マッサージ2時間&タイ料理のランチまたはディナー

1日遊んで疲れた体を癒すならこれ!!2時間のタイ古式マッサージで全身をしっかりもみほぐして疲れをとりましょう。リフレッシュした後はシーフードディナーをお楽しみください。
≫オプション詳細ページ

ダイブレポート

プロカメラマン中村卓哉氏と行くシミラン&リチェリューロック&プーケット6日間
2015年3月レポート

今回のツアーはプロカメラマンの中村卓哉氏のフォト講習会付き特別企画! なんと、大きなマンタにもジンベイザメにもあうことが出来ました!
カメラ好きの、またはカメラをもっと知りたい!上手くなりたい!そんな皆さんと参加した笑顔笑顔のツアーです。 ≫レポート詳細へ
≫フォトコンテスト結果

スミラン海域・ボン島で日帰りダイビング
2014年4月レポート

本来4月は季節風の影響で波が高くなることが多いのですがこの日はべた凪で1時間のスピードボートの船旅も、とっても快適でした。
海の中は流れもほとんどなく透明度抜群で、スカシテンジクダイやキンメモドキが群れていると思えば、中層でクマザサハナムロが群れていたり、そこにロウニンアジが列をなして突っ込んできたり、と迫力のある海を体感できました! ≫レポート詳細へ

ダイビングツアーを検索

※画像はイメージとなります